エアタービン

image今回は治療に使用する歯科用機器についてお伝えします。

 

写真に写っているものは「エアタービン」といいます。先端に回転切削器具をつけ、主に歯質や金属、陶材などを切削するときなどに使います。

回転数は1分間に30万~45万回転と非常に多く、効率よく切削することができます。

また切削時に生じる熱を抑えるために、先端からは空気と水も出るようになっているのです。

 

先端をよく見ると左右で大きさが違うのがお分かりになるでしょうか。

お口を大きく開けることが困難な方やお口の小さな方には(お子様も含めます)、なるべく負担の少ないように左に写っている小さめのものを使用します。

勿論、患者様ごとに滅菌を行い衛生的な管理もしています。

 

先端につける回転切削器具については、また後日写真付きでお伝えします。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:   カテゴリ:歯科用機器、器具

 

 

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら