セファロ(頭部X線規格写真法)

しばらくぶりのブログ更新になります。

 

1月25日(日)に、所属している歯科矯正の研究会の発表がありまして、その発表準備等に追われていたためブログの更新ができず申し訳ありませんでした。

この研究会は月に一度開催されており、その日は臨時休診日とさせていただいております。皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 

今回はせっかくなので矯正の分野から皆様にお伝えできればと思います。

 

矯正治療をしていく上で一番大切なこと、それは治療前の診査と診断になります。

それに基づいて治療方針が決まります。治療方針とは、歯を抜かないで治療するのか、歯を抜いて治療するのか、どのような装置を使うのか、治療期間はどの位になるのか、治療後はどのような状態に仕上がるのか等になります。

 

診査、診断の中の一つにセファロ(頭部X線規格写真法)というのがあります。これはレントゲン撮影になるのですが、撮影時間は約1秒と短い時間で撮影することができます。

image

image

上にあるのが実際のセファロ所見になります。横からの撮影と正面からの撮影、通常は計2枚になるのですが、この2枚には多くの情報量が含まれています。

 

どのような情報が含まれているのか、それはまた後日お伝えします。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:   カテゴリ:歯科矯正

 

 

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら