噛む力

よく噛むことは唾液の分泌を促進して自浄作用(歯や粘膜に付着するものを希釈したり洗い流すこと)を高め、むし歯や歯周病の予防につながることは前にもお伝えしました。それ以外にも消化を助けたり、脳を刺激して発達を促したり、病気の予防をしたりと様々な効果をもたらします。

 

ところで人の噛む力はいったいどのくらいあるのでしょうか。

 

一般的に男性では約60kg、女性では約40kgといわれています。結構な力ですよね。

 

あまり噛まずに急いで食事をしてしまうと、唇や舌を噛んでしまうことがあります。そこにできた傷は口内炎になり、しばらくは痛い思いをすることになってしまいます。そうならないためにも、できるだけゆっくりとよく噛んで召し上がることが大切です。

 

ちなみにワニやライオンは約450kg、サメは約600kg、カバは約1000kg、ナイルワニは2200kgといわれています。

体格だけでなく、それぞれの世界で生き抜くために噛む力も発達していったのかもしれませんね。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:   カテゴリ:むし歯, 予防, 歯周病

 

 

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら