歯周病の豆知識③

今回は、久しぶりに歯周病に関するお話です。

 
前にもお話した唾液のことも少しからめて…

 

 

様々な原因によって唾液の分泌量が減ってしまうことを「ドライマウス」といいますが、この状態を放置すると歯周病を進行させてしまいます。

 

 

歯周病は歯垢(プラーク)による感染症である、ということは前にもお伝えしました。

唾液には、歯や粘膜に付着するもの(歯垢も含みます)を洗い流す作用もあります。
唾液が減ってしまうと歯垢(プラーク)を洗い流せなくなってしまい、その状態が続くと歯周病の発症や悪化につながってしまうのです。

 
「ドライマウス」の原因は色々あるとされていますが、その話はまた後日お伝えできればと思います。

 
院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:   カテゴリ:歯周病

 

 

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら