神経のない歯がしみる?

「神経を抜いたはずなんだけど、なんかしみる感じがする」

そう感じたことはありませんか?

 

歯がしみるという症状は、神経が生きている歯に外部からの刺激(冷たい水や甘い物など)が加わることで感じることがほとんどです。

ですが、まれに神経を抜いた歯(神経が生きていない歯)でもしみると感じることがあります。

その原因の一つとして考えられるのは「噛み合わせ」です。

 

神経を抜いた歯は噛み合わせを回復するために金属の詰め物や被せ物を使用することがあります。これを長期間使用していると、金属が削れてきます(摩耗といいます)。そうすると「しみる」という症状として感じることがあります。これを改善するには「噛み合わせの調整」が必要になってきます。

もし思い当たる事があるようでしたらご相談ください。

 

「噛み合わせ」でお悩みの方もいらっしゃると思います。それについてもまたお伝えしていければと思います。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:   カテゴリ:咬み合わせ

 

 

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら