総入れ歯の歴史

今日は総入れ歯のお話を少し…

 

総入れ歯って、いつの時代からあるか知っていますか?

 

日本最古の総入れ歯は、1538年(天文7)に亡くなった中岡テイ(和歌山市の願成寺に納められていた)のものといわれています。江戸時代とは驚きです…

 

現在の総入れ歯は、樹脂や金属、陶材などで作られていますが、その時代は木製だったのです。材料としては黄楊、桜、梅、象牙などが使われていました。

 

驚くことはまだあります。

 

この時代の総入れ歯と現在の総入れ歯の形はほぼ同じ形態だということ。
また、入れ歯が外れにくくするために必要な要素も取り入れてあったとのことです。
素晴らしい…

 

ちなみに、以前ブログで書いた「唾液」。
この「唾液」には、入れ歯を外れにくくする作用もあるんです。

 

以上、総入れ歯のお話でした。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:   カテゴリ:入れ歯

 

 

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら