アーカイブ: 10月 2014

ハロウィン

image今日はハロウィンでしたね。皆さんはどのようにして過ごしましたか?

 

我が家では夕食後に「ハロウィンシュークリーム」を食べました。

 

甘い物はもちろんむし歯になりやすいですし、歯周病の進行にもおおいに関係します。

普段甘いものを控えている自分へのご褒美でたまに食べるということであれば悪いことではないと思います。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 歯周病

精度の高い治療を求めて…

imageimage歯科の治療はすべての面において細かいものになります。

むし歯で歯を削り詰め物をする、歯肉付近に沈着している歯石を除去する、被せ物などをするために歯を削り型どりをする、その他色々ありますがどの処置をするにしても精度の高いものでなければいけないと考えております。

 

肉眼で患部を見るのには限界があるため、より精度の高い治療をすることはできません。

詰め物や被せ物の精度が低いものになってしまうと、その境目からむし歯ができやすくなり(二次カリエスといいます)、再度治療が必要になってしまいます。

 

この2枚の写真は拡大鏡といいます。

左が治療用、右が技工用で拡大率はそれぞれ2.5倍、8.0倍になります。

 

当院ではすべての患者様にこの拡大鏡を使用して診療をおこなっております。

被せ物などを装着するために型どりをして模型を作るのですが、その模型を技工用の拡大鏡でみて問題がないことを確認してから技工士に作製を依頼しています。

 

より精度の高い治療を求めて今後も歯科治療にあたっていきたいと思います。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:精密治療

10月29日の診療開始時間変更のお知らせ

大変申し訳ありませんが、10月29日(水)の診療開始時間を10時とさせていただきます。

宜しくお願い致します。

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

固いのが好きだったのに…

image道の駅が人気です。ドライブを兼ねて出かけるには良い季節ですね。

 

美味しそうな柿を見つけてあれこれ選んでいるとスタッフの女性が声をかけてくれました。

「カリカリっとして固いのが好きなんです」と告げるとお薦めを教えてくれて一言。

 

「私も若いときは固いのが好きだったー!」

 

年を重ねるにつれて自分の食べたいものが制限されてしまうのはとても残念なことです。

状況にもよりますが、治療をすれば固いものを食べられるようにすることは可能です。

ですが、そのためにかかる治療回数や期間はかなりなものになってしまうこともあります。

そうならないために大切なことは予防です。

 

むし歯や歯周病にならないようにするために必要な歯磨きの仕方や食生活習慣のアドバイス、また歯科医院での定期的なケアを行って、皆様がいつまでも美味しく何でも召し上がれるようお力になれればと思っております。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 予防, 歯周病

デンタルミラー

image写真に写っているものは何か分かりますか?

 

これは「デンタルミラー」というものです。歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が一番よく使う器具と言ってもいいかもしれません。

 

柄の先に小さな鏡が斜めについているので、目では直接見ることが難しい奥歯の裏側なども見えやすくなっています。また、光が届かないところへは鏡の角度を調整して光を反射させればスポットライトをあてるように照らすこともできます。さらに、お口の中がよく見えるように口唇や舌、頬などをよける用途でも使用します。

 

患部をよく見て正確な診断をするために、どうしても口唇や頬などを強く引っ張らなければいけない場合もあります。患者様にはなるべくご負担の少ないように配慮しますのでどうかご理解ください。

 

 

実際の治療でむし歯を削る際、通常は患部を直視して削りますが、部位によっては「デンタルミラー」に写し出された患部を見ながら削ることもあります。これを「ミラーテクニック」(正確にはワーキングミラーテクニック)とよびます。

 

この「ミラーテクニック」に関してはまた後日お伝えします。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:歯科用機器、器具

歯ぎしりをしていませんか?

image秋の夜長、本を読んだり好きな音楽に耳を傾けたりと、落ち着いた時間を楽しむにはもってこいの季節ですが、ついつい夜更かししがち、疲れがたまっていませんか?

 

寝ている間に歯ぎしりをして歯に負担をかけていることがあります。

 

マウスピースをお作りして負担を和らげるという手もありますので、気になる方は一度ご相談いただければと思います。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:予防, 歯ぎしり

歯周病の豆知識④

image歯周病になりやすい食べ物、なりにくい食べ物にはどのようなものがあると思いますか?

 

歯周病になりやすい食べ物は、軟らかい物や粘着性のある物です。

具体的にはチョコレートやキャラメルなどがあげられます。

 

このような食べ物は口の中に残りやすく、歯垢(プラーク)や歯周病菌の増加につながります。

 

では歯周病になりにくい食べ物は?

 

それは、硬いものや食物繊維の豊富な食材などです。

具体的には根菜類などの野菜、小魚、キノコ類、海藻類、豆類などがあげられます。

 

これらの食べ物は口の中に残りにくく、またしっかりと咬むことで唾液を多く分泌させて口の中の

自浄作用(歯や粘膜に付着するものを洗い流すこと)を高め、口腔内の環境をよくすることができる

のです。

結果として、歯周病の発症や進行の予防につながります。

 

これからの食生活の参考にしてみてください。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:予防, 歯周病

皆既月食

昨日は雨と風が強く大変な思いをされた方もいらっしゃると思います。

台風が過ぎて一安心といったところでしょうか。

 

10月8日夕方から皆既月食が始まるようです。

太陽、地球、月が一直線に並んで、月が地球の影の中に全部入ってしまう現象のこと。

月の一部が欠け始め、やがてどんどん欠けていって…。

 

皆既月食は地球の影で色を変えて別の姿を魅せてくれるらしいのですが、歯はそういう

訳にはいきません。

 

歯は欠けないことにこしたことはありませんね。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

歯に穴があいていなければ大丈夫?

「見た目には穴はあいてなさそうだから大丈夫かな」

 

お子様やご自身のお口の中を見たときにそう感じたことはありませんか?

 

もちろん虫歯になっていないこともあります。

ですが、見つけにくいむし歯やレントゲンでしかわからないむし歯もあります。

 

私たち歯科医師や歯科衛生士が患者様のお口の中を拝見するときは、見落としがないようにライトでお口の中を照らし検査用の鏡(デンタルミラー)を用いて隅々までチェックしますが、それだけでは判断できない場合にレントゲンの検査をします。そこではじめて確定診断がつき、治療の必要があるのか、それとも経過観察してもいいのかがわかります。

 

見た目には穴があいていなくてもむし歯が進行していることはあります。

 

ご自身で判断せずに歯科医院で一度診てもらってはいかがですか?

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 予防, 小児歯科

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら