アーカイブ: 5月 2015

歯と口の健康週間

image今年の5月は暑い日が多かったですね。

 

梅雨に入る来月は湿度も高くなるので体調管理をしっかりせねばと思っています。

 

ところで毎年6月4日~6月10日までの1週間は「歯と口の健康週間」です。

 

以前は語呂合わせから6月4日を虫歯予防デーとしていたようですが、毎日している歯磨きや、歯を丈夫にするための食生活などをもう一度見直してみる良い機会ではないでしょうか。

 

一生使わなくてはならない大切な歯、80才で20本を目標に大事にしたいですね。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

華やかです!

image 今日は患者様からお花をいただきました。

 

ご自宅のお庭に咲いているお花だそうです。

 

とてもきれいで早速受付に飾ることにしました。とても華やかです!

 

治療中は眼を駆使するので眼の補養にもなります。

 

どうもありがとうございました!

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

修復処置症例②

今回は実際の治療症例です。

 

銀の詰め物が取れてしまい、そのまま放置したことでむし歯が進行してしまった方の治療前後の写真になります。

 

150306-001(2)150327-001

 

このケースも部分的な詰め物(コンポジットレジン)で十分修復可能です。

 

修復処置症例①でもお伝えしたように、この治療のいいところはその日のうちに治療が終わるということ、また歯を削る量を最小限にとどめることができるので歯にとって、また患者様にとっても負担の少ない治療といえます。

 

40代男性の方でした、とても満足していただけました。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:審美歯科

開院一周年!

imageすやま歯科はおかげさまで今日で開院一周年となりました。

 

これも皆様の支えがあってのことと深く感謝しております。

 

日頃からいつも支えてくれるスタッフのみんなとささやかですがお祝いをしました。

 

今後も皆様が快適に治療を受けていただけるよう頑張って参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

神経のない歯がしみる?

「神経を抜いたはずなんだけど、なんかしみる感じがする」

そう感じたことはありませんか?

 

歯がしみるという症状は、神経が生きている歯に外部からの刺激(冷たい水や甘い物など)が加わることで感じることがほとんどです。

ですが、まれに神経を抜いた歯(神経が生きていない歯)でもしみると感じることがあります。

その原因の一つとして考えられるのは「噛み合わせ」です。

 

神経を抜いた歯は噛み合わせを回復するために金属の詰め物や被せ物を使用することがあります。これを長期間使用していると、金属が削れてきます(摩耗といいます)。そうすると「しみる」という症状として感じることがあります。これを改善するには「噛み合わせの調整」が必要になってきます。

もし思い当たる事があるようでしたらご相談ください。

 

「噛み合わせ」でお悩みの方もいらっしゃると思います。それについてもまたお伝えしていければと思います。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:咬み合わせ

もうすぐ一周年

GWも過ぎてそろそろ日常に戻られた頃でしょうか?

 

この4月に入園入学なさったお子様、就職先に向かう社会人一年生、あるいはリタイアして第二の人生をスタートさせた諸先輩方、新しい環境の中で生き生きと頑張っておいでのことと思います。

 

すやま歯科も昨年のスタート以来、皆さまの応援も頂きましてもうすぐ一周年を迎えます。

これからも微力ながら皆さまのお役に立てますよう頑張ってまいりますので宜しくお願い致します!

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

上野動物園にて

休日の一日、上野動物園へ。

 

園の入口に飾られた鯉のぼりが青い空に泳いで爽やかなGWの気分を盛り上げていました。

5月の気候のせいか、象や虎、キリン、カバ等々動物たちも良い動きを何度もみせて訪れた人々を大いに喜ばせていました。

 

imageimageimage

imageimage

 

ところで以下は「ゴリラの頭部」 の説明の一部です。

 

※歯は人と同じく32本あり、おとなになると乳歯から永久歯にはえかわります。犬歯と食物をすりつぶす臼歯が発達しています※

 

ゴリラのところで説明文に見いってしまった私に「職業病?」と家族の声、私も思わず笑ってしまいました。

 

image

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

痛くなければ大丈夫?

歯が痛くなって歯医者に行き、数回通院して治療が終わって、「これで一安心、もう歯医者に行かなくてもいいや」そう思ったことはありませんか?

 

治療が終わった歯でも、その後のケアがしっかりしていないと再度治療が必要になってくる場合があります。

いくらいい被せものをしたとしても、自身の歯(根)がある限りはむし歯や歯周病になるリスクはあります。

140802-001(1)image

 

左の写真をご覧ください。被せ物の下が黒くなっています。これはむし歯になっています。

右の写真は同じ部位のレントゲン写真になります。むし歯はレントゲンでは黒く写るので矢印の部位(被せ物の下)でむし歯になっていることが分かります。

 

この歯のように神経を抜いてある歯は特に注意が必要です。

 

神経が生きていればしみるなどの症状がでてくるので気がつくことはありますが、神経を抜いた歯はむし歯になってもしみることはないので発見が遅れがちです。あまりにもむし歯が進行してしまうと治療することが不可能な場合もあります。

そうならないためにも定期的な検診で予防していくことが大切です。

もしむし歯や歯周病になってしまっても、早期であれば最小限の介入で済むこともあります。

 

定期検診を上手に利用して、自分の歯を1日でも長く残せるようにしてくださいね!

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 予防, 歯周病

5月の臨時休診のお知らせ

誠に申し訳ありませんが、5月12日(火)は臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら