アーカイブ: 11月 2015

歯周病と全身疾患の関連性

image先日の日本経済新聞に、歯周病と全身疾患の関連性についての記事が載っていました。

 

歯周病は歯を失う原因になる病気ですが、その影響は口の中にとどまることはありません。歯周病菌から出される毒素が血管内に入ることで血流によって全身に運ばれていきます。

代表的なのは「糖尿病」です。それ以外にも脳梗塞、心筋梗塞、慢性腎臓病、関節リウマチなどがあります。

また、重度の歯周病をもつ妊婦さんは歯周病になっていない人に比べて早産や低体重児を出産する確率が約7倍になるというデータもあります。歯周病の炎症性物質の中に分娩を早めるものがあるのですが、それが影響しているとも考えられています。

 

産まれてくるお子さんのため、そして自分のためにも歯周病予防・治療をしっかりとすることが大切です。

 

今回のブログを読んでくださった方、この日経新聞の記事は是非読んでみてください!

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:予防, 歯周病

12月の臨時休診のお知らせ

誠に申し訳ありませんが、12月15日(火)は臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

予防をしっかりと!

先日、用事で電車に乗りましたら、マスクをかけた方がチラホラ。

時々咳のコンコンという声もします。

 

そういえばもう11月。インフルエンザの予防接種や風邪の流行が気になる頃になりました。予防にはうがいと手洗いですね。合わせてお口の中の予防もお忘れなく!

正しい歯磨きと食生活習慣、定期的な検診が虫歯や歯周病の予防の第一歩です!

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 予防, 歯周病

近所の公園で

image子供のリクエストで公園でどんぐり拾いをしました。

小さいのや長いのや、どんぐりもいろいろ。子供はどんぐりの帽子をとったりかぶせたり大喜びです。

赤や黄色の落ち葉と共に秋のお土産となりました。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら