ブログ

夏到来?

梅雨が明けたはずなのに傘が手放せない日が多かったですが、いよいよ夏到来といったところでしょうか。

シトシトだったり豪雨だったりも嫌でしたが、あまり暑すぎるのも…

そんなこの頃ですが、子供たちは夏休みという「お楽しみ袋のような期間」に何をしようかとワクワクしている真っ最中!

子供たちが怪我や病気をせずに元気に夏を過ごせますように…。

見守ってあげるのが、大人の役目かなと思います。

また、夏休み中の歯の見守りのお手伝いは「すやま歯科」にお任せください!

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

親知らずと下の前歯の関係

「以前は下の前歯はきれいに揃っていたのに、親知らずが生えてきたせいで最近になって凸凹してきた」と思われている方もいらっしゃるかと思うので豆知識を一つ。

image

確かに親知らずが原因で歯並びが悪くなることは十分に考えられます。ただし、親知らずのみが原因ではありません。

親知らずが横に向いていたりすると後ろから押されて前歯に影響を及ぼすこともあります。

ですが、下唇が原因で前歯が不揃いになってしまうとも言われています。

 

唇は筋肉の塊です。もし下唇を無意識のうちに前歯に押しつけるような習癖があったりすると前歯の歯並びに悪影響を与えることになります。親知らずと下唇を比べると前歯に常に接しているのは下唇ですし、それも十分に頷けるものです。このことは論文でも報告されています。

 

下の前歯が凸凹になるのは後方からの親知らずの力、また前方からの下唇の力が影響を与えていると考えることもできるのです。

 

これ以外にも原因はあります。いずれにしても原因は一つではなく、いくつかの要素が重なって下の前歯を不揃いにしてしまっているということがいえます。

親知らずを抜いたからといって必ずしも下の前歯がそれ以上不揃いにならないとも言いきれません。

 

ただし、元々前歯が凸凹している場合はまた別に原因があります。

それはまた次回にでも。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:歯科矯正, 親知らず

8月の臨時休診のお知らせ

8月2日(火)、15日(月)は臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

前処置

一年の半分が過ぎ、七月に入ったと思ったらはや中旬!

ジメジメした湿気からの解放が待ち遠しい毎日です。

熱中症予防の為に、エアコンの調節や水分の補給に気をつけねばなりませんし、食べ物も傷みやすいので、冷蔵庫の過信もできません。

細やかな注意の求められる悩ましい時期ですね。

 

さて、今回は「前処置」についてです。

なかなか聞き慣れない言葉かもしれませんが、歯科の分野ではとても重要なものになります。

今回は入れ歯に関しての前処置に関してお伝えしていきます。

「入れ歯を新しく作りたい」という主訴で患者さんが来院されたとします。入れ歯を作るときは型どりをすれば、物によってはその次に出来上がります。なので最短2回で入れ歯が出来上がることも可能です。ただし、その入れ歯が具合良く使えるかといったら話は別です。

入れ歯の針金をかける歯に歯石がついていたとします。そこには針金がぴったりとフィットするでしょうか?はじめはいいかもしれませんが、針金が歯石を削ってしまってゆるい入れ歯になってしまいます。なので型どりをする前に歯石除去等のの歯周治療が必要になります。この歯周治療のことを「入れ歯を入れるための前処置」といいます。

 

「前処置」は歯周治療だけではありません。

 

入れ歯の針金をかける歯がむし歯になっていたとします。そのむし歯はそのままにしておいていいのでしょうか?入れ歯の針金をかける歯はむし歯になりやすいものです。なのにはじめからむし歯を放置して入れ歯を作るとむし歯はさらに進行してしまい、その歯は欠けてきて針金も合わなくなります。結果的にまた入れ歯の作り直しが必要になります。このむし歯の治療も「入れ歯を入れるための前処置」といえます。

 

最後にこの写真をご覧ください。

image上に入れ歯を入れるにしても、入れるスペースがありません。無理に作ると咬み合わせが高い入れ歯になってしまいます。このように入れ歯に咬みあう歯の処置も必要な場合もあります。これも「前処置」に当てはまります。これは「咬合平面の是正」という言い方をしますが、それはまたお伝えするようにします。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 入れ歯, 咬み合わせ, 歯周病

7月の臨時休診のお知らせ

7月5日(火)は臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

朝顔

image西瓜やトウモロコシ、地味なところでソルダム。今が盛りの大好物なものです。

ベランダには植えたばかりの朝顔(ヘブンリーブルーという名前だそうです)が、早くもつるを伸ばして竹の棒に絡み始めています。

そういえば、21日は「夏至」でした。天気が安定しないのでなかなか感じにくい日もありますが、明るい時間が長いとなんとなく気分もいいものですね!

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

紫陽花

image記憶では6月8日が梅雨入り平均日だったと思いますが、今年は少し早い5日に梅雨入りとなりました。早いものでもう2週間経ちましたが、今日は暑かったですね。

気象ストレスがもたらす体調の不快感などマイナスイメージも多いこの季節ですが、雨に映える紫陽花を楽しむ気持ちの余裕を持って過ごせたらと思います。

因みに我が家は真っ青な紫陽花が清涼感を与えてくれています。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

スーパーマーズ

5月31日は「スーパーマーズ」がみられる!

期待していましたが雲で見えませんでした。

火星がこの10年間で最近距離、7500万Kmに近づくため、方向は南東から少し南の方向に見えるとのこと。

いつもより明るく大きな火星はまだ数日見られるそうです。もう少し期待してみましょう。

 

因みに、月が地球に最も近づくタイミングで満月になると「スーパームーン」を見ることができるそうです。2016年は11月14日の月曜日だそうです。

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

6月の臨時休診のお知らせ

6月4日(土)、14日(火)は臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

むし歯の始まり

5月の第二日曜日は母の日でしたね。

ご家庭で、個人で、形は様々ですが、日頃の感謝をこめての1日を送られたのではないでしょうか。私もあれこれ考えましたが結局お花を送りました。

小さなお子さんがおいでのご家庭では、ママのお手伝いをしたりお昼ご飯を作ったりと、パパも大忙しだったのではと想像します。

「母」は子供をずっと支えて助けてくれている大切な存在。

「歯」は一生の食事を助けてくれる大切なもの。

 

そこで歯に関連する話を一つ。

生後間もない赤ちゃんにはむし歯菌はいません。ここでいうむし歯菌は「ミュータンスレンサ球菌群Mutans Streptococci(MS菌)」と呼ばれます。

子どものむし歯の始まりは、このMS菌がお口の中に感染する過程にあります。主たる感染源は母親であり、食べ物をあらかじめ噛んでから子どもにあたえる「噛み与え」や、お箸やスプーンの共有が主な感染経路です。MS菌が最も感染しやすい期間は生後19〜31か月の間といわれ、特に2才前に感染するとむし歯を発症する可能性が高くなり、その重症度も高くなります。逆にMS菌の感染を遅らせることができれば、むし歯も発症しにくくなり予防を容易にすることができるのです。これは乳歯に限ったことではありません。永久歯も同様のことがいえるのです。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 予防

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら