ブログ

年の瀬

今年もあと僅かとなりました。

 

お陰さまで年内を無事に過ごせましたことに感謝しております。

 

尚、年内の診療は12月29日(月)の14時までとなりますので宜しくお願いいたします。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

ついに収穫

9月に始めた家庭菜園。

 

日当たりの具合や風の向きに気をつけ、地道な水やりなども効果があったのか…

image

image

image

 

どんどん大きく育ってくれました!

 

そして12月14日の休日の朝、収穫したてのサニーレタスをいただきました。

 

image

あっという間になくなってしまいましたが、味は最高でした!

 

9月と10月の2度の大型台風の時は厳しい状況でした。朝起きて見てみると土に埋もれていたり、それを直そうとして苗が土から取れてしまったこともありました。

 

諦めずに頑張ればいい結果につながる事もある。

 

歯科の治療でも、少しでも残せる可能性のある歯は 懸命に努力して保存に努めよう、改めてそう強く感じることができました。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

歯ブラシの交換時期

「歯ブラシはどのくらいの頻度で交換すればいいのですか?」

 

そのような質問をされる方が多くいらしたので、今回はその事で皆様にお伝えできればと思います。

 

歯ブラシの寿命は、その種類や磨き方、一日に磨く合計時間に大きく左右されます。

 

お口の中の状況は様々ですし、その方に適切な歯ブラシや磨き方は違ってきます。なので一概にはいえませんが、目安としては2週間から1ヶ月とお考えください。1ヶ月経ったら必ず交換された方がいいと思います。

image

交換時期を分かりやすく判断するには、今使用している歯ブラシの毛先をご覧ください。

毛先が外側に開いていませんか?

開いていたら交換の時期です!

上の写真を見ていただくとお分かりになると思いますが、左の歯ブラシの方が毛先が開いているのは明らかです。

 

毛先が開いてしまうと歯垢(プラーク)の除去効率が悪くなってしまいます。そのままで歯磨きを続けると歯垢は除去されないままになってしまうので、むし歯や歯肉炎、歯周病の発症や進行につながってきます。

 

今回のブログをご覧になった方は是非参考にしてみてください。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, ブラッシング(歯磨き), 予防, 歯周病

少しですが華やかに

imageimageもうすぐXmasですね。

 

入り口を少し華やかにしてみました。

従業員みんなの力作です!

期間が限られていますが、ぜひご覧ください!

 

 

 

従業員一同

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:スタッフブログ

臨時休診と年末年始の休診日

誠に申し訳ありませんが、12月16日(火)は臨時休診とさせていただきます。

また年末年始の休診は、12月29日(月)の午後から来年1月4日(日)までとさせていただきます。

12月29日(月)は13時30分までは診療しておりますので宜しくお願い致します。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ, 休診日

残せる歯を大切に

テレビを視ていたら、「今ある歯を大切に…」とコマーシャルが流れました。

 

すべての歯を失わないのが一番ですが、重度の歯周病など様々な理由でやむを得ずという場合も多々ありますね。

 

コマーシャルの通り、「残っている歯を確実にkeepする」、そのお手伝いができたら嬉しいです!

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:予防, 歯周病

歯周病の豆知識⑤(口臭)

寒くなってきました。

温かい鍋を囲んでワイワイやる機会も増えてきますね。

 

お出掛け前のエチケットとして色々口臭予防をなさる方も多いと聞きますが、原因の一つに歯周病も考えられます。

 

歯周病の原因は歯周病原性細菌による感染症ですが、その細菌の多くは「嫌気性菌」(空気のない条件下で生育するもの)であり、これが代謝される過程で発生する物質が臭いのもとになるのです。

代表的なものに硫化水素(温泉卵様臭)、メチルメルカプタン(野菜腐敗臭)などがあります。

 

口臭が気になるようでしたら、一度検診でチェックされてはいかがですか。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:予防, 歯周病

ガムの効果

image今回は「ガム」のことについてお伝えします。

 

ガムを噛むことで唾液が分泌されやすくなります。

以前、唾液の事についてブログにも記載しましたが、唾液にはお口や全身の健康を保つために必要な成分が多く含まれています。

唾液には自浄作用(歯や粘膜に付着するものを希釈したり洗い流すこと)があるので、どうしても歯磨きができないときや口臭が気になるときなどにガムを噛むことはいいことかもしれません。ただ、知っておいていただきたいことがあります。

 

糖分を含んだガムはむし歯や歯周病の原因になります

 

ガムを選ぶときはむし歯になりにくいキシリトール配合のものにするといいと思います。

 

「キシリトール」とは代用甘味料の一種で、むし歯の原因となる酸を作りません。イチゴやほうれん草など多くの野菜や果実中にも存在しています。

ただし、 市販のガムはキシリトールが50%程しか含まれていません。

我々歯科医療従事者の立場からいうと歯科専用のキシリトール100%のガムをお勧めします。

当院でも販売しておりますので、気になる方はお声がけ下さい。

ガムを食べる習慣のない方や小さなお子さま、治療中でガムを噛めない方にはタブレットタイプもあります。

 

しかし、100%キシリトール配合のガムとはいっても歯垢(プラーク)を取り除いてくれる効果までは望めませんし、それだけでむし歯予防ができるわけではありません。

日頃の正しい歯磨きや食生活が一番大切だということは心に留めておいて下さい。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 予防, 歯周病

痛みが強くなる前に…

年末は忘年会や大掃除、何かと忙しく不摂生になりがちです。

 

体の抵抗力が落ちたりストレスなどをかかえると、普段はそこまで気にならなかった歯の痛みを強く感じやすくなります。

事前に防げることもあるので、気になる方は歯科検診で診てもらってはいかがですか。

 

電車の駆け込み同様、歯科の駆け込みにもお気をつけ下さい。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:予防, 歯周病

歯石の豆知識②

140926-001(3)前回、歯石の豆知識①で「歯石」そのものに病原性はない、ということをお伝えしました。

 

では何故歯石を取り除く必要があるのでしょうか?

 

歯石の表面は平らだと思われている方もいらっしゃるかと思いますが、顕微鏡でのぞいてみると小さな穴が多く存在した軽石のような構造をしています。つまり歯石の表面は凸凹しているのです。

凸凹していると歯垢(プラーク)がつきやすくなり、その周囲の歯肉組織は炎症を起こします。

その状態が続くと歯周病の進行につながってきます。

 

歯周病の直接的な原因は「歯垢」です。「歯垢」には病原性があります。

「歯垢」が付きやすくなるような足場を提供している、これが「歯石」なのです。

歯の表面をなめらかにして歯垢を付きにくくする、そして歯磨きがしやすいような環境を整える、 そうすることで歯周病の発症や進行を防ぐ、これが歯石をとる目的です。

 

ところで、歯石は沈着する部位によって色が違うのです。

そのことについてはまた後日…

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:予防, 歯周病

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら