ブログ

木曜診療

少し過ぎてしまいましたが、新蕎麦が美味しい時期ですね。

 

蕎麦に限ったことではありませんが、美味しいものを食べに店に行ってみたら定休日でガッカリなんてことが何度かありました。

木曜日が定休のところも多かったように思います。

 

ところで、すやま歯科は木曜日も診療しています。

定休日ではありませんので、お役に立てると思います。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

回転切削器具

image 今回は「回転切削器具」についてです。

 

先日「エアタービン」のことについてお伝えしました。

写真に写っているものは、エアタービンの先端につける「回転切削器具」の一部です。

 

先端の形は数十種類あるのですが、処置を行う部位や内容によって一番適したものを選択して使用します。一歯を削合(削ること)するのに数種類使用することがほとんどです。

 

関連することをもう一つ…

 

エアタービンの先端につけられた回転切削器具に水と風が当たることよって噴霧された状態になります。削合している歯の部位が歯肉に近い場合、その歯肉に炎症が起きていると出血してきてしまうことがあります。当然その後の処置は難しいものになってしまい、治療精度にも影響を及ぼしかねません。

なので普段の歯みがき(ブラッシング)を正しく行い、歯肉の炎症がない状態にしておくことはとても大切なことなのです。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:歯科用機器、器具, 精密治療

歯石の豆知識①

140910-001(1)

今回は「歯石」に関してお伝えしたいと思います。

 

まず皆さんに一番知っていただきたいことが、「歯石は歯周病と大きな関係がある」ということです。

 

写真のどこに歯石がついているか分かりますか?

歯と歯肉の境目にそって白く写っている帯状のものが歯石になります。

 

歯石とは、歯垢(プラーク)に唾液や血清中に含まれるカルシウムなどの石になる成分が結合して石灰化したものです。簡単にいうと「歯垢が石に変化したもの」になります。

 

「歯石は歯の表面にだけつくもの」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、入れ歯やブリッジなど(補綴物といいます)にもつくことがあります。

 

歯石は歯周病と大きな関係がある」と冒頭で述べましたが、実は「歯石」そのものに病原性はありません。

どういうことなのか、その理由については「歯石の豆知識②」でお伝えします。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:歯周病

抜けた乳歯は大切に

地方によって違いはあると思いますが、生え替わる時に抜けた乳歯を、上の歯は縁の下、下の歯は屋根の上へ投げると丈夫な歯が生えると言われました。

子供を思う親の願いが感じられます。

 

もうすぐ七五三ですね。

僕の子供は来年七五三です。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:小児歯科

エアタービン

image今回は治療に使用する歯科用機器についてお伝えします。

 

写真に写っているものは「エアタービン」といいます。先端に回転切削器具をつけ、主に歯質や金属、陶材などを切削するときなどに使います。

回転数は1分間に30万~45万回転と非常に多く、効率よく切削することができます。

また切削時に生じる熱を抑えるために、先端からは空気と水も出るようになっているのです。

 

先端をよく見ると左右で大きさが違うのがお分かりになるでしょうか。

お口を大きく開けることが困難な方やお口の小さな方には(お子様も含めます)、なるべく負担の少ないように左に写っている小さめのものを使用します。

勿論、患者様ごとに滅菌を行い衛生的な管理もしています。

 

先端につける回転切削器具については、また後日写真付きでお伝えします。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:歯科用機器、器具

臨時休診のお知らせ

誠に申し訳ありませんが、11月11日(火)は臨時休診とさせていただきます。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

ハロウィン

image今日はハロウィンでしたね。皆さんはどのようにして過ごしましたか?

 

我が家では夕食後に「ハロウィンシュークリーム」を食べました。

 

甘い物はもちろんむし歯になりやすいですし、歯周病の進行にもおおいに関係します。

普段甘いものを控えている自分へのご褒美でたまに食べるということであれば悪いことではないと思います。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 歯周病

精度の高い治療を求めて…

imageimage歯科の治療はすべての面において細かいものになります。

むし歯で歯を削り詰め物をする、歯肉付近に沈着している歯石を除去する、被せ物などをするために歯を削り型どりをする、その他色々ありますがどの処置をするにしても精度の高いものでなければいけないと考えております。

 

肉眼で患部を見るのには限界があるため、より精度の高い治療をすることはできません。

詰め物や被せ物の精度が低いものになってしまうと、その境目からむし歯ができやすくなり(二次カリエスといいます)、再度治療が必要になってしまいます。

 

この2枚の写真は拡大鏡といいます。

左が治療用、右が技工用で拡大率はそれぞれ2.5倍、8.0倍になります。

 

当院ではすべての患者様にこの拡大鏡を使用して診療をおこなっております。

被せ物などを装着するために型どりをして模型を作るのですが、その模型を技工用の拡大鏡でみて問題がないことを確認してから技工士に作製を依頼しています。

 

より精度の高い治療を求めて今後も歯科治療にあたっていきたいと思います。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:精密治療

10月29日の診療開始時間変更のお知らせ

大変申し訳ありませんが、10月29日(水)の診療開始時間を10時とさせていただきます。

宜しくお願い致します。

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら