ブログ

歯に穴があいていなければ大丈夫?

「見た目には穴はあいてなさそうだから大丈夫かな」

 

お子様やご自身のお口の中を見たときにそう感じたことはありませんか?

 

もちろん虫歯になっていないこともあります。

ですが、見つけにくいむし歯やレントゲンでしかわからないむし歯もあります。

 

私たち歯科医師や歯科衛生士が患者様のお口の中を拝見するときは、見落としがないようにライトでお口の中を照らし検査用の鏡(デンタルミラー)を用いて隅々までチェックしますが、それだけでは判断できない場合にレントゲンの検査をします。そこではじめて確定診断がつき、治療の必要があるのか、それとも経過観察してもいいのかがわかります。

 

見た目には穴があいていなくてもむし歯が進行していることはあります。

 

ご自身で判断せずに歯科医院で一度診てもらってはいかがですか?

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 予防, 小児歯科

上手な歯科医院の使い方

image「毎日磨いているのに虫歯になってしまう」

 

もしかしたら磨きかたや生活習慣にも問題があるのかもしれません。

 

歯科医院は痛くなってからだけでなく、予防としてもお役立て頂けます。

 

歯科衛生士が適切な歯磨き指導をさせて頂きますので痛くなる前に上手にご利用下さい。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:予防

臨時休診のお知らせ

誠に申し訳ありませんが、10月7日(火)は臨時休診とさせていただきます。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

ドライマウスの原因や予防

先日、「歯周病の豆知識③」のなかでドライマウスについて少しふれました。

今回はもう少し詳しくお伝えしていきます。

 

「ドライマウス」とは、様々な原因によって唾液の分泌量が減ってしまうことです。

 

その原因をいくつかあげてみましょう。

 

①生活習慣によるもの

②加齢によるもの

③全身疾患や薬の副作用によるもの

 

などがあげられます。

 

このうち②と③に関しての原因を取り除くことは難しいと思います。

全身疾患などで常用しているお薬を中止することで、体に大きな影響

を与えてしまう可能性もあります。

ですが、①に関しての原因を取り除くことはそんなに難しいことではありません。

 

ではどんなことをすればいいのでしょうか?

いくつか例をあげてみましょう。

 

1)水分をよくとる。

2)よく噛んで食べる。

3)歯磨きをよくする。

4)お酒を飲みすぎない。

5)コーヒーや紅茶を飲みすぎない。

6)マスクをして寝る。

7)禁煙する。

 

などです。

 

これらをすることで唾液の分泌を促進させ、お口の中を湿らせた状態にすることができます。また虫歯や歯周病の予防にもつながります。

 

できそうなことがあるようでしたら、一つでもいいのでぜひ試してみてください。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:ドライマウス, 予防

お蔭さまで

image先日撒いた種から次々と芽がでてきています。

 

ところですやま歯科は、お蔭さまで開院から無事に4ヶ月が過ぎ、5ヶ月目に入りました。

 

これも皆様の支えがあってのことと深く感謝しております。

 

まだ種を撒いたばかりですが、千葉寺に根をはってお役に立てますようこれからも微力ながら頑張って参りますので宜しくお願いいたします。

 

 

院長  須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

総入れ歯の歴史

今日は総入れ歯のお話を少し…

 

総入れ歯って、いつの時代からあるか知っていますか?

 

日本最古の総入れ歯は、1538年(天文7)に亡くなった中岡テイ(和歌山市の願成寺に納められていた)のものといわれています。江戸時代とは驚きです…

 

現在の総入れ歯は、樹脂や金属、陶材などで作られていますが、その時代は木製だったのです。材料としては黄楊、桜、梅、象牙などが使われていました。

 

驚くことはまだあります。

 

この時代の総入れ歯と現在の総入れ歯の形はほぼ同じ形態だということ。
また、入れ歯が外れにくくするために必要な要素も取り入れてあったとのことです。
素晴らしい…

 

ちなみに、以前ブログで書いた「唾液」。
この「唾液」には、入れ歯を外れにくくする作用もあるんです。

 

以上、総入れ歯のお話でした。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:入れ歯

家庭菜園

imageベランダで家庭菜園をと思いたち、プランターやら土やらを購入して準備していました。

 

先日の休診日、晴れ間も見えたのでいよいよ種を撒き、初めての家庭菜園スタートです。

 

本やネットを参考にしながらですが、どのようになっていくのか楽しみです。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

歯磨きの練習

image小さなお子さんのいるパパのお話です。

 

仕事が忙しくて、帰宅した頃にはかわいい我が子はベッドの中でスヤスヤ…

ついほっぺを触りたくなってしまいます。

でも起こしてしまってはかわいそう…

 

そんなパパにお薦めは休日に歯みがきしてあげること。

 

膝に寝せてシュッシュとすればママも助かるしスキンシップにも。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

歯周病の豆知識③

今回は、久しぶりに歯周病に関するお話です。

 
前にもお話した唾液のことも少しからめて…

 

 

様々な原因によって唾液の分泌量が減ってしまうことを「ドライマウス」といいますが、この状態を放置すると歯周病を進行させてしまいます。

 

 

歯周病は歯垢(プラーク)による感染症である、ということは前にもお伝えしました。

唾液には、歯や粘膜に付着するもの(歯垢も含みます)を洗い流す作用もあります。
唾液が減ってしまうと歯垢(プラーク)を洗い流せなくなってしまい、その状態が続くと歯周病の発症や悪化につながってしまうのです。

 
「ドライマウス」の原因は色々あるとされていますが、その話はまた後日お伝えできればと思います。

 
院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:歯周病

頑張っているお子さんへエールを

秋めいてきましたね。

 

お子さんは運動会の練習に忙しい時期でしょうか?

 
歯を食いしばって走る徒競走やリレー、当日は成長したお子さん達の勇姿に大きな拍手がおくられることと思います。

 

子供の時から歯を大切にする習慣を身に付けられますように、ハミガキも良くできたら時には応援の拍手で褒めてあげて下さい。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら