ブログ

桜の開花

21日に東京は桜の開花宣言がありました。

このまま満開にまっしぐらかと思いきや、寒の戻りで寒い日が続いています。寒いのは嫌ですが、桜が長く見られるのは嬉しいようにも思います。

暖かくなったら今年の桜に会いに行こうと楽しみです。

桜って特別な花ですね!

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

治療の更なる向上のために

お彼岸を迎えて気温が上がるのと共に、桜の開花も近づくこの頃です。

 

さて話題は「歯」のことに変わります。

インプラントという治療は今では広く知られていますが、日本にいち早く治療方法を紹介なさったのは小宮山彌太郎先生です。

実はこの度、その先生に直接のご指導を頂く機会を得ました。インプラント治療を考えたスェーデンのブローネマルク教授から直接の指導をお受けになった小宮山彌太郎先生からの学びを、治療のさらなる向上に役立てたいと思います。

そのようなわけで患者様には臨時休診でご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

3月22日(火)からは通常通りの診療となります。

 

 

院長須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:インプラント

歯ブラシは雑菌だらけ

以前に歯ブラシの交換頻度についてお伝えしたことがあります。

一つの目安として、歯ブラシの毛先が開いてしまうと歯垢(プラーク)の除去効率が悪くなるので交換の時期になります。

 

では毛先が開いていなければ交換しなくてもいいのでしょうか?

 

答えはNOです!

 

皆さんは歯磨きをした後、歯ブラシをどうしていますか?

水で洗い流して歯ブラシスタンドなどに立てている方が多いと思います。歯ブラシについた目に見える汚れは洗い流せるにしても、そうではない細かな汚れを水だけで完全に洗い流すことは不可能です。歯ブラシに残った汚れに含まれている雑菌は日に日に増えていきます。その歯ブラシを口の中に入れると…

お使いの歯ブラシを一度臭ってみてください。雑菌が多い歯ブラシは悪臭がするはずです。

 

歯ブラシをこまめに交換したほうがもう一つの理由は清潔さを保つためです。

口の中をきれいにするために使う歯ブラシはできるだけきれいなほうがいいですよね。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:ブラッシング(歯磨き), 予防

3月の臨時休診のお知らせ

3月8日(火)、18日(金)、19日(土)の終日、30日(水)の午前中を臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

三寒四温

3月4月の気温で身軽な服装になりホッとしたかとおもえば、またまた寒さがもどるとの予報です。厚手のコートの登場もまだありそうです。

街には風邪対策に混じって花粉症対策らしきマスクがチラホラ。本格的な春はもう少しですが、近づいていることは間違いありません。

旅行会社のダイレクトメールは各地の桜で旅心をくすぐってきます!

image

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

節分の過ごし方

季節を分ける節分を経て、暦の上では春ですが、本当に春を感じられるようになるにはもう少しですね。

ご家庭ごとに節分の過ごし方(行事として)がおありだと思いますが、我が家では小さな声で外に向かって「鬼は外」、ドアを閉めてから大きな声で「福は内」。それから福豆や恵方巻き、大豆ご飯などを。

いつまでも硬い大豆をポリポリと食べながら、笑顔で節分ができますように。

「すやま歯科」もお手伝い頑張ります!

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:未分類

むし歯の好発部位(頬面溝)

震えるような寒さの日本列島も、久々の日本人力士の優勝で一時あたたかくなった気がします。

 

150516-001(1)150509-001(1)

 

さて、今回はむし歯の好発部位に関してお伝えします。

左の写真に写っている歯の中央が黒くなっています。これは歯の側面でむし歯になっているのですが、よく見てみると縦に線状に黒くなっているのがわかります。

歯は物をよく咬めるように複雑な形をしています。口の中を鏡で見てみると、歯の咬みあう面(咬合面)には細かい溝(小窩裂溝といいます)が見られます。実は歯の側面にも細かい溝が存在するのです。それを「頬面溝」といいます。写真ではその「頬面溝」がむし歯になってしまっているのです。

左の写真はまだ初期ですが、進行すると右の写真のようになってしまいます。

 

この「頬面溝」のむし歯は見落としがちです。口を開けて鏡で見るとかみ合う面(咬合面)はよく見えますが、歯の側面は頬の内面で覆われてしまい見えにくいため発見が遅れがちです。特に生えはじめの永久歯(幼若永久歯)は要注意です。お子さんのお口を見てあげるときは歯の側面もよく見てあげてください!

 

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, 予防, 小児歯科

2月の臨時休診のお知らせ

2月9日(火)終日、24日(水)の午後、25(木)の午後を臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ

寒い日が続きますね

一年でも寒さが厳しいとされる「寒の内」ですから仕方ありませんが、身体の芯まで冷えびえする今日この頃です。天気予報では各地で雪だるまマークがみられます。

ここを過ぎればもうすぐ節分。「寒」が明けて暦の上では立春となります。体感的にはまだまだ寒い時期ですが、それでも日一日と日が延びてきて…    梅の便りが待たれます。

寒いので、お子さんは歯磨きが疎かになりがちです。特に生え始めの永久歯(幼若永久歯)はむし歯になりやすくなっています。常に気にかけてあげてください。

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, ブラッシング(歯磨き), 予防, 小児歯科

インフルエンザの予防

暖冬暖冬と言われてきましたが、ここにきてグッと寒くなりましたね。

インフルエンザについてのTV情報です。予防にはうがい、手洗い、そして舌磨き!口の中をキレイにしておくことが大切なようです!歯磨きもいつものようにしっかりとお願いします。

 

image

 

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:ブラッシング(歯磨き), 予防

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら