カテゴリ: 精密治療

より精度の高い治療を求めて

日々の診療を行うにあたり、常に拡大鏡を使用して精度の高い治療ができるよう努めてまいりました。

 

最近その拡大鏡を倍率2.5倍のものから3.5倍のものに変えました!

 

image

 

これがその拡大鏡です。

 

よく見えます!

 

今までの拡大鏡はフレームの色が黒かったのですが、今回は気分を変えてシルバーにしてみました!

 

今後も、より精度の高い治療を目指して日々の臨床にあたっていきたいと思います!

 

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:精密治療

回転切削器具

image 今回は「回転切削器具」についてです。

 

先日「エアタービン」のことについてお伝えしました。

写真に写っているものは、エアタービンの先端につける「回転切削器具」の一部です。

 

先端の形は数十種類あるのですが、処置を行う部位や内容によって一番適したものを選択して使用します。一歯を削合(削ること)するのに数種類使用することがほとんどです。

 

関連することをもう一つ…

 

エアタービンの先端につけられた回転切削器具に水と風が当たることよって噴霧された状態になります。削合している歯の部位が歯肉に近い場合、その歯肉に炎症が起きていると出血してきてしまうことがあります。当然その後の処置は難しいものになってしまい、治療精度にも影響を及ぼしかねません。

なので普段の歯みがき(ブラッシング)を正しく行い、歯肉の炎症がない状態にしておくことはとても大切なことなのです。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:歯科用機器、器具, 精密治療

精度の高い治療を求めて…

imageimage歯科の治療はすべての面において細かいものになります。

むし歯で歯を削り詰め物をする、歯肉付近に沈着している歯石を除去する、被せ物などをするために歯を削り型どりをする、その他色々ありますがどの処置をするにしても精度の高いものでなければいけないと考えております。

 

肉眼で患部を見るのには限界があるため、より精度の高い治療をすることはできません。

詰め物や被せ物の精度が低いものになってしまうと、その境目からむし歯ができやすくなり(二次カリエスといいます)、再度治療が必要になってしまいます。

 

この2枚の写真は拡大鏡といいます。

左が治療用、右が技工用で拡大率はそれぞれ2.5倍、8.0倍になります。

 

当院ではすべての患者様にこの拡大鏡を使用して診療をおこなっております。

被せ物などを装着するために型どりをして模型を作るのですが、その模型を技工用の拡大鏡でみて問題がないことを確認してから技工士に作製を依頼しています。

 

より精度の高い治療を求めて今後も歯科治療にあたっていきたいと思います。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:精密治療

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら