カテゴリ: 親知らず

親知らずと下の前歯の関係

「以前は下の前歯はきれいに揃っていたのに、親知らずが生えてきたせいで最近になって凸凹してきた」と思われている方もいらっしゃるかと思うので豆知識を一つ。

image

確かに親知らずが原因で歯並びが悪くなることは十分に考えられます。ただし、親知らずのみが原因ではありません。

親知らずが横に向いていたりすると後ろから押されて前歯に影響を及ぼすこともあります。

ですが、下唇が原因で前歯が不揃いになってしまうとも言われています。

 

唇は筋肉の塊です。もし下唇を無意識のうちに前歯に押しつけるような習癖があったりすると前歯の歯並びに悪影響を与えることになります。親知らずと下唇を比べると前歯に常に接しているのは下唇ですし、それも十分に頷けるものです。このことは論文でも報告されています。

 

下の前歯が凸凹になるのは後方からの親知らずの力、また前方からの下唇の力が影響を与えていると考えることもできるのです。

 

これ以外にも原因はあります。いずれにしても原因は一つではなく、いくつかの要素が重なって下の前歯を不揃いにしてしまっているということがいえます。

親知らずを抜いたからといって必ずしも下の前歯がそれ以上不揃いにならないとも言いきれません。

 

ただし、元々前歯が凸凹している場合はまた別に原因があります。

それはまた次回にでも。

 

 

院長 須山

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:歯科矯正, 親知らず

親知らずの痛み

親知らずで痛い経験をされた方は多くいらっしゃると思います。

今回は「親知らず」に関して実際の治療例も含めて皆様にお伝えします。

 

完全に生えてこないためによく歯磨きができずむし歯になってしまったり周囲の歯肉を腫らしてしまう方、お口の中では見えないのに歯肉の中で横に生えているために歯肉に炎症を起こして腫らしてしまう方など原因は様々です。

親知らずを抜かないと痛みがひいてこない場合もあります。

 

ですが状況によっては最小限の介入で痛みから解放されるケースもあります。

 

150119-001(1)

image

 

上の写真をご覧ください。

この患者様は親知らずが完全に生えていないためにうまく磨くことができず、痛みや歯肉の腫れを頻繁に繰り返していた方です。

レントゲン写真で右に写っているのが親知らずになります。手前の歯と同じ高さにあるのですが、お口の中の写真では歯肉が覆いかぶさっているのが分かります。

 

この患者様にはレーザー治療をおこない症状の軽減を図りました。

レーザー照射直後と照射1週間後の写真です。

 

150119-002(1)

150128-002

 

レーザーによって歯肉が引き締まり、歯磨きしやすい環境にすることができました。

 

術後3か月後の写真です。

 

150207-002

 

 

歯肉の炎症はみられず、処置後は痛みや腫れといった症状もなくなり親知らずのストレスから解放されたそうです。

 

このようにレーザー治療で親知らずの痛みを緩和できることもあります。

ただ全ての方にあてはまるわけではありませんので、お悩みの方はご相談ください。

 

 

 

院長 須山

 

 

 

 

 

 

 

千葉寺 すやま歯科|千葉市中央区の優しい歯医者

日付:  カテゴリ:むし歯, ブラッシング(歯磨き), レーザー治療, 親知らず

アクセス



千葉県千葉市中央区千葉寺町
1202-2-101

お問い合わせ 詳しくはこちら