ホーム > 治療メニュー > 歯をきれいにする治療(審美歯科)

歯をきれいにする治療(審美歯科)

美しい歯は明るい笑顔を育てます。

白く輝く、健康な歯は心までも明るくしてくれます。

審美歯科は虫歯、歯周病などの治療による歯の機能回復や改善に加え、歯並びや歯の形、色など、歯の見た目の美しさを追求する歯科治療のことをいいます。
これにはオールセラミック、ホワイトニング、歯列矯正などがあります。

オールセラミック(クラウン、ブリッジ)とは

金属やプラスチックを一切使わずに作製される被せものやブリッジのことをいいます。

 

利点

透明感が高く、天然歯の色調を再現しやすい

虫歯になりにくい

金属を使用しないので、金属イオンの溶け出しによる歯や歯肉の変色、金属アレルギーが起こる可能性が低い

 

欠点

以前よりは改善されてきているが、極度の力が加わると割れやすい

最新の治療法なので長期的な予後に関してははっきりとは分かっていない

保険適応外なので費用が高い

オールセラミックにもいくつか種類があります。

患者様ごとにご要望をよく伺い、最適な治療法を提案させていただきます。

 

ホワイトニング

ホワイトニングは歯の表面を削ることなく、ホワイトニング成分が歯の中の色素を分解することで歯を白くする、というものです。

歯科医院で行う着色取りは歯の表面の汚れを取り除くこと、ホワイトニングは歯そのものの色を明るくすること、とお考えください。

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングご自身の空き時間を利用して行うホームホワイトニングがあります。

当院では歯のダメージが少なく、美しさが長持ちするホームホワイトニングをお勧めしています。

 

ホワイトニング材とは

当院で行うホワイトニング材は「オパールエッセンス10%」というもので、これはADA(アメリカ歯科医師会)によりその安全性を証明され、日本国内で厚生労働省の承認を得て販売されている唯一の商品です。

「オパールエッセンス10%」はジェル状で粘性が非常に高く歯面に滞留しやすくなっているため、ホワイトニングの効果が得られやすくなっています。

 

ホワイトニングの効果

ホワイトニングの効果には個人差があります。また永久的なものではありません。
ホワイトニングを開始してからおおむね3週間前後で自然観のある白い歯になります。
その後は、4~6か月ごとの定期的なメンテナンスとタッチアップ(定期的にホワイトニングを反復して効果を維持する方法)を行うことでいつまでも美しい口元を保つことができます。

 

ホームホワイトニングの流れ

検査

お口の中の検査を行い、適応症かどうかの確認を行います。
(虫歯などがある場合はそちらの治療を優先します)

歯面清掃

歯科医師又は歯科衛生士による、前処置としての歯面清掃を行います。

歯の色の検査

歯の色の診査を行います。

ホワイトニング用のトレーの作成

型どりを行い、患者様専用のカスタムトレーを作製します。

使用方法の説明

出来上がったカスタムトレーの装着具合を確認し、専用のジェル(オパールエッセンス10%)の使い方など、使用手順の説明を行います。


オールセラミックとホワイトニングの併用

オールセラミックと特徴として色調の再現性の高さがあげられます。
例えば、一本の歯にオールセラミックを被せるのであれば、それ以外の歯をホワイトニングで白くして、その歯の色調に合わせたオールセラミックを入れることで全体的に美しい口元にすることができます。

治療後のリスク:後戻り、知覚過敏になる場合があります。