ホーム > 矯正歯科

矯正歯科

美しい歯並びはそのまま歯や心身の健康にもつながります。

不正咬合(出っ歯、乱ぐい歯、八重歯、受け口)などかみ合わせの悪い歯並びは、審美的にはもちろん様々な不具合の原因にもなります。

不正咬合のデメリット

歯並びが悪いことは見た目だけでなく、様々なデメリットがあります。
歯並びが気になる場合はご相談ください。

歯みがきがしにくく、虫歯、歯周病になりやすい。

歯ブラシが口腔の隅々にまで届かず、磨き残しにより、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

心理的影響

歯並びの悪さの見た目が気になってしまい、消極的になるなど、心理的な影響も考えらます。

 発音がしにくい。

言葉がうまく発音ができなかったり、不明瞭になるなど、よく聞きとれないなどの弊害があります。

胃腸に負担がかかる。

かみ合わせの不全から咀嚼が不十分になり、食べ物が十分に噛み砕かれずに胃腸に届くため、胃腸に負担をかける原因になります。また噛む回数が少ないことは、満腹感も少なくなり、肥満の原因にもなります。

矯正治療の流れ

診査・診断

患者さんに問診を行いお口の中の虫歯や歯周病の検査・模型製作や矯正専用レントゲン(セファロ)を用いて「上下のあごの大きさとそのズレ」、「あごの骨の形」、「歯の生える角度」、「口元のバランス」お顔を立体的に把握し、お一人お一人に合わせた矯正治療を行っていきます。

治療プラン

治療の方法について、説明します。抜歯の必要性や他の選択肢、治療費などについてお話します。

初期治療

必要に応じて虫歯治療、口腔清浄、歯みがき指導などを行います。

矯正装置の装着

矯正装置を装着します。場合によっては、型取りを行います。

メインテナンス(保定装置装着)

歯の移動の完了後は保定装置(リテーナー)を装着し、移動した歯が後戻りしないように固定します。

セファロとは

セファロによる正確な分析による矯正が可能です。
矯正歯科には必要不可欠なのが、セファログラムによるセファロ分析です

矯正歯科には必要不可欠なのが、セファログラムによるセファロ分析です。
これは頭部と顔面のレントゲン写真を撮影し、立体的に治療箇所を把握することができます。
より的確で正確な診断を可能にします。

治療後のリスク: 後戻りが考えられます。